小児歯科・矯正歯科 ~子供の虫歯・歯並びが気になる~

鳥居歯科医院の小児歯科

悪い習慣は子供のうちに軌道修正してあげましょう

大人と子供、歯の治療に対する考えは少し違います。大人は悪くなった歯を治療してしまえばそれでおしまい。ですが、子供の場合、治療を終えたからといって安心できません。今までと同じような生活パターンでは、また同じことを繰り返してしまう可能性があるためです。小さい頃からきちんとした食生活や生活習慣を身に付けさせたいですね。

当院の小児歯科治療

当院の小児歯科治療

はじめての歯医者さん。歯医者さんがどんなところか分らないと、お子様も不安でしょう。鳥居歯科医院の小児歯科では、初診に麻酔や削るといったことは行わず、見学もしくは歯みがきトレーニングや痛みのないフッ素塗布を行い、当院に慣れていただきます。

お子様が歯科医に心を許してくれるまで、時間がかかるかもしれません。そのため、お子様に安心してもらうには、最初の日が肝心なのです。トラウマを抱えないためにも、ご両親にはご協力をお願いします。

また、3歳児検診から就学前検診の4年間で、噛み合わせや歯の数に変化が起こります。乳歯から永久歯に生え替わる時期は、子供にとって重要な時期です。その時期を逃さないよう、痛みがなくても積極的に歯科検診を受診しましょう。

フッ素塗布

フッ素は、歯のエナメル質を虫歯になりにくい歯質へと強めてくれます。初期段階の虫歯なら、フッ素塗布で再石灰化し治癒させることも可能です。特に、やわらかい乳歯を持つお子様に最適ですが、効果は一定期間しか持続しません。定期的にフッ素塗布を行いましょう。

シーラント

「シーラント」。あまり聞きなれない言葉ですよね。乳歯や永久歯など、生えたての歯には深くて複雑な溝があります。その溝をフッ素の入った樹脂で埋めてあげることをシーラントといいます。食べカスが溜まりにくくなくなるため、虫歯予防にとても役立ちます。また、時間の経過とともにフッ素が溶け出し歯質を強化します。

矯正歯科 プレート式矯正治療-

矯正歯科 ?プレート式矯正治療-

大人の矯正治療の場合、きれいに歯を並べるために抜歯をすることがあります。それに比べて、成長過程にある子供の場合、あごの成長を利用しながら永久歯がきちんと並ぶように発育を促すことができます。ですから、非抜歯での矯正治療が可能になるのです。

当院では、乳歯が抜ける時期のお子様には、固定式のワイヤーを使わない「プレート式矯正治療」を行っています。プレート式矯正治療は、あごを広げながら永久歯の生えるスペースを確保する方法です。

子供の矯正は、成長が著しい低年齢なほど、非抜歯で治療できる可能性が高くなるもの。歯並びが気になったら、早めにご相談ください。

プレート式矯正治療のメリット

  • 装置の取り外しが可能だから清潔・便利
  • 早期に治療をはじめることによって、非抜歯で矯正できる可能性が高まる
  • 大人からはじめる矯正より、費用が安く済む
  • 正しい発音ができるようになる
  • 歯が重なり合うことがなくなるので、歯みがきしやすくなる(虫歯予防に効果的)
  • 噛み合わせが正しくなり、あごや全身の成長を促進できる

下顎前歯の症例

術前

術中

術後

上顎前歯の症例

術前

術中

術後

24H受付中 インターネット診療予約